ポエム

先端IT人材不足と従来型IT人材の飽和について

世の中、どこもかしこもDX。IT人材不足が声高に叫ばれています。

エンジニアからしたら、IT人材不足で日本の成長が見込めないことに憂いを感じつつも、個人目線だと売り手市場まっただ中です。

では、現役のエンジニアはこの売り手市場に安穏としていていいのでしょうか?

答えはもちろんNGです。

実際、売り手市場だからとのんびりと構えているエンジニアはいないと思いますが。

実際、肌で感じるほど売り手市場ではない

フリーランスの方なら同意していただけると思いますが、実際、案件を探すとき売り手市場だなと肌で感じるほどではないと思います。

そう思えるのは、経験も人脈も豊富な一部の上位フリーランスだけでは、ないでしょうか。

企業は人を育てる余裕はないので、即戦力も求めます。それもピンポイントの経験を求めます。経歴からキャッチアップできて対応できそうなどの判断はできないし、それを試している余裕もないので、ニーズと応募者の経験に少しでもずれがあったら、採用にはいたりません。

また外資と違い、技術力だけ求めている企業もあまりありません。技術に加えて、マネジメント経験もそれなりに求めています。

ニーズと一致する経験+マネジメントを求めていて、それを満たす人が採用できないから、人材不足と言っているんですね。

なので売り手市場とはいえ、すんなりと案件に参画できるわけではありません。

先端IT人材と従来型IT人材

不足しているのは先端IT人材、従来型IT人材は今後余っていく

人材エージェントやスクールなどは、IT人材不足ですと叫び、このアピールが過剰に出回っていますが、実体とはかなりかけ離れています。

経済産業省がいうIT人材不足は、先端IT人材のことです。従来型IT人材は、今後余っていくと言われています。

先端IT人材とは、AI、ブロックチェーン、IoT、ビッグデータ、自動運転などです。

一方、従来型IT人材とは、システムの受託開発をしている人たちです。いわゆるSIerと考えていいでしょう。基幹系のレガシーシステムの増改築をしているエンジニアが従来型IT人材に区分されます。

経済産業省はIT人材をこのように分類しています。では、これ以外のエンジニア、自社サービスやWebサービスをやっているエンジニアはどちらになるのでしょうか。

2022年現在ではWeb開発は従来型IT人材ではないかもしれないけど・・・

今の所、Web開発やDevOpsなどをやっている人材は、従来型IT人材ではない、つまり先端IT人材と見なす意見の方が多そうです。

実際、Web開発やDevOpsのエンジニアが採用できなくて困っている企業は多いです。

フリーランスの案件でも、フロントエンドやバックエンドの開発案件は豊富にあります。単価もそれなりに高いです。

今現在では、Web開発のエンジニアは明らかに売り手市場でしょう。

ほとんどのエンジニアは従来型IT人材と化していく

エンジニアの分布

ただ私は、このWeb開発やDevOpsなどはそのうち従来型IT人材になっていくかもしれないと思っています。

今後、従来型IT人材が飽和してくると、その人たちはどうなるのでしょうか? もちろんただ何もせず仕事がなくなって路頭に迷うわけではありません。

この人たちも仕事を得るためにできることはするわけです。そのできることとは、先端IT人材の中でも参入障壁が低いエンジニア、つまりWeb開発やDevOpsです。

実際、基幹系の開発を何年もやっている人なら、自動運転やAIなどにシフトすることは難しいですが、Web開発やDevOpsはちょっと学べばできるようになるでしょう。

技術の進化

また技術の進化で、先端IT以外はちょっと勉強すれば誰でもできるようになるかもしれません。

日本では、ノーコードやバックエンド開発がなくなっていくといったことが話題になっています。さすがにこういったものがメインストリームになるというのは、ちょっと非現実的ですが、可能性がないわけではありません。

海外では一笑に付される、というか話題にすらなっていませんが、それは海外は技術を作る側だからです。技術を作る側でバックエンドがなくなることはないでしょう。

一方、日本は海外が作った技術を使う側です。SI産業が先細り、システム内製化が一般的になってもそれは変わらないでしょう。

単なるユーザなので、コア技術はブラックボックスと化しても問題ありません。簡易的なシステムならノーコードやバックエンドなしの技術で作ってもおかしくありません。

実際、AWSなどの技術進化によって、エンジニアの負担はどんどんなくなってきています。その進化によって別の負担が生まれ、今はその負担がDevOpsなどの技術サイドのものですが、やがてはそれもなくなるかもしれません。

従来型IT人材の融合に飲み込まれないためには

では、どうすれば今後、押し寄せてくるかもしれな従来型IT人材の融合に飲み込まれずに済むのでしょうか?

月並みですが、勉強して価値を高めるか、別分野の経験を積んでスキルのかけ算を目指すしかないと思います。

勉強していく道は、今からでもAIや自動運転について少しづつ勉強していくという方法です。もちろん勉強したからといって、今すぐ役立つわけでもありませんし、即戦力で採用される分けではありません。

大学院などの高度な教育で専門的に勉強してきた若者と戦っても勝てないでしょう。ただ今は役に立たなくても、今までの従来ITのスキルと新たに学んだ先端ITの融合や総合力で、自分のポジションを気づける可能性があります。

もう一つの道は、技術とは別の経験を積んで、スキルのかけ算を目指す道です。

どちらの道も、リターンが保証されている分けではありません。どちらも、セレンディピティに期待する的な考えに近いです。もしかしたら徒労に終わるかも知れません。

ただ確実に報われるという都合のいい道なんてありません。できることをやり続けるしかありません。

まとめ

以上、IT人材不足というテーマについてでした。

人材会社やスクールのIT人材不足ですよという安易なアピールが横行していることに危機を感じたので、現役エンジニアの立場からの意見を言わせてもらいました。

  • 従来型IT人材は余っている
  • 一部の先端技術者を除き、ほとんどは従来型IT人材になる可能性がある
  • 勉強するなり別経験をつむなりして、何らかの対策をしたほうが良いと思う