ライフハック

カイロプラクティックはデスクワーカーにオススメの自己投資

私は月に1回ぐらいのペースでカイロプラクティックに通っています。

カイロプラクティックは、骨をポキポキ鳴らしたりして危険なイメージがあるのですが、店(というか施術者)選びをしっかりやれば大丈夫です。

カイロプラクティックは、体の歪みを直し、高齢になると生じやすい体の問題、例えば四十肩などの予防にもなります。オススメの自己投資で、私は今後も継続して通うつもりでいます。

カイロプラクティック、整体、マッサージの違い

目的の違い

カイロプラクティックは、体の歪みを正すことを目的とした施術です。体全体にアプローチし、目的は体のメンテナンスといえます。

一方、整体やマッサージは歪みやコリなど症状が出ている箇所にアプローチします。目的は一時的な緩和になります。

痛みの違い

カイロプラクティックの施術は、気持ちいいものではありません。というか痛いです。体に生じている歪みを矯正するので無理もありません。

整体も体の歪みにアプローチするので、基本的には気持ちいいものではありません。マッサージは症状が出ている箇所に、程よい強さでもみほぐすので気持ちいいです。

医療カテゴリの違い

整体やマッサージは民間医療です。開業に資格は必要ありません。お店にもよりますが、未経験者でも簡単な研修をしただけで、現場に施術者として出すこともあります。

一方、カイロプラクティックは、国際的には医療とされています。医師と同様、大学で学び学位が与えられてカイロプラクターになることができます。

ただし日本では注意が必要です。日本では、カイロプラクティックも民間医療となっており、学位がなくてもカイロプラクターを名乗り開業できます。そういった人たちが、骨をポキポキならす施術をしていると考えると恐ろしいものがあります。店(施術者)は銀吟味する必要があります。

信頼できるお店の選び方

前述の通り、日本では学位を持っていないカイロプラクティックの店がかなりあるので要注意です。

カイロプラクティックは医療、カイロプラクターは医療従事者です。なので店選びは、学位をもっている店に行くべきです。

学位は、D.C.(ドクターオブカイロプラクティック)と呼ばれています。この学位は現在のところ、アメリカの大学でしか取得することができません。なので、日本では数えるぐらいしかいません。

ドクターオブカイロプラクティックで調べれば、候補の店がでてきます。ほとんど東京だけだと思いますが、もし近くにその店があるなら、その店に行くことをオススメします。また、施術者はそのD.C.の人がやってくれるのかどうかも確認したほうがいいでしょう。

私が通っている店は、そのD.C.の人が一人でやっているお店です。なので、施術もその方がやってくれます。近くの病院と提携していおり、初回はその病院でレントゲンをとって骨がどうなっているのか調べられました。

価格ですが、やはり高めです。施術時間は30分弱ぐらいですが、7,000円かかります。それでも、費用対効果は良いと思っているので、もう何年も通っています。

実際に感じている効果

実際の効果ですが、よくわかりません。

が、店にいく期間がいつもより少し空くと、背中や肩があちこち痛くなってくるので、効果があると思います。

初めて行ったときは、慢性的な首の痛みがあったのですが、それはなくなりました。

エンジニア、というかデスクワーカーの職業病は肩こりや腰痛があります。私も良くなるのですが、カイロプラクティックに行くことで、緩和されたり重症化を防げているのではと思っています。

また見過ごされがちなやつで、マウスの使いすぎやクリックのしすぎで、指や肘の腱を痛めることがあります。指や肘を痛め、キーボードやマウスが使えなくなると、エンジニアとして終わりです。カイロプラクティックはこの予防にもなっています。

そう考えると、カイロプラクティックはエンジニア、デスクワーカーには必須の自己投資だと思っています。