全般

ストレングスファインダー診断3回目の結果を自己分析してみる

ストレングスファインダーをやりました。今回で通算3回目になります

ストレングスファインダーは公式では複数回やっても意味ない、1回で十分とされています。

ただ、私はこういうものは好きなので、定期的にやりたくなってしまいます😇

また時代の進化や自分が置かれている状況の変化に応じて、自分の考え方、もっと深い言い方をすると哲学のようなものは常に変わり続けます。なので、こういった類のものは結果は変わって当然だと思いますし、1回で十分というのはやや懐疑的です。

と、自己正当化しておいたところで、以下本題になります。

ストレングスファインダーの最安診断方法

ストレングスファインダーは、公式のWebサイトから診断チケットを購入する方法と、本に付属するパスを利用する方法があります。

パスが付属している本は2種類あります。

になります。

本に付属するパスは一度、使うと使用できません。なので中古で購入してはいけません。中古はまずパス使用済みとみていいでしょう。この本の価値は、診断パスのみにあるといっても過言ではありません。

すでに本を購入済みの場合、Webでパスを購入するだけでいいと思ってしまいがちですが、実はWebで診断のパスのみを購入するほうが書籍代より高くつきます。不思議な価格設定ですが、本をいらなくても本を購入した方が得です。

私は1回目は、ストレングスファインダー1.0、2回目はストレングスファインダー2.0、3回目はストレングスリーダーシップを購入しました。正直、リーダーシップの本は読みたいとはまったく思わなかったのですが、本を買った方が安いので購入しました。

ストレングスファインダーを複数回受けるときの注意点

ストレングスファインダーは2回目以降の診断で、過去に使ったメールアドレスを使用すると診断できません。すでに診断済みとなって診断できる権利が消滅します。返金もありません。

かなり酷い仕様になっているので注意が必要です。

診断の度に、メールアドレスを用意する必要があります。この先も診断したくなることがあると思いますので、使用したメールアドレスは管理しておいた方がいいです。私はNotionにストレングスファインダーのページを作成して、診断結果のキャプチャと使用したメールアドレスを保存しています。

ストレングスファインダーの3回分の診断結果

私のこれまでの診断した時期と結果は以下の通りでした。

診断時期 結果
2007年ぐらい (順番忘れた) 着想 慎重さ 学習欲 目標思考 未来志向
2018年7月ぐらい 1. 最上志向 | 2. 慎重さ | 3. 目標思考 | 4. 分析思考 | 5. 学習欲
2022/01/07 1. 最上志向 | 2. 学習欲 | 3. 分析思考 | 4. 達成欲 | 5. 内省

2018

2022

診断時期の考察

だいぶ昔にやった気がしていたのですが、最後にやってから4年も経っていませんでした。1回目と2回目は10年以上空いていて、今回の3回目は1回目から15年近く経っていたことになります。

1回目は社会人になり始めのころやりました。確か勝間和代さんの年収10倍の本が流行って、それにストレングスファインダーおすすめみたいなことが書いてあって、やった気がします。(確か・・・ だいぶ記憶が怪しいですが・・・)

2回目は3社目に在籍していたころでした。新卒の採用をたくさんする会社で、同じ部署にも新卒が何人かいて、その人たちの間で流行っていました。おそらく書籍が2.0でリニューアルして流行っていた頃だと思います。そういえば昔やったなと思いながら、もう1回やってみようかなと思った記憶があります。

当時は会社を辞めて、フリーになろうかなとか、エンジニアとFXトレーダーの二足のわらじでいこうかなと考えていた時期でもあります。ストレングスファインダーに手を出したのもいろいろと思うことがあったのかもしれません。

3回目、今回やったのは私のパートナーが会社の研修でストレングスファインダーをやったからでした。私がやったのもだいぶ前の気がしたので、もう1回やって、お互いの接し方とかが良くなればいいねと話しながらやることにしました。

1回目〜3回目の結果の変化を考察

ストレングスファインダー複数回やった場合、過去の結果と4つないし、3つの資質は同じになると公式で言われています。私は実際に、1回目と2回目で同じ資質が3つ、2回目と3回目で同じ資質が3つありました。

しかし、1回目と3回目では同じ資質は1つしかありませんでした。1回目と3回目は15年の開きがあるので、ある程度仕方が無いとは思うのですが、随分と結果が変わりました。

消えていった資質と新たに現れた資質

1回目にあった着想と未来志向が2回目以降、姿を見せなくなりました。若かったということでしょうか。年をとって、アイデアや未来への希望や興味が薄れたのでしょうか。私は今でも自動運転とか聞く度に、未来が楽しみで仕方がないので、未来志向がなくなったのは、ちょっと悲しい気がします。

2回目まで根強くあった慎重さが消えました。年を重ねて慎重さも消えたようです。確かに若いときは、自分のスキルやお金に不安があって、行動、もっというと生き方が慎重だったような気がします。今は、ある程度経験もつみスキルも身についてきたので、未来はどうなるかわからんし、どうなっても何とかなると開き直りと根拠のない自身が入り交じっている気がします。

目標思考も3回目で消えましたが、代わりに達成欲が出てきたので、似たようなものでしょうか? あまりよく分かっていないです。。。

2回目以降、最上志向と分析志向が残り続けています。分析志向は若いときに比べて、現実的になったということでしょうか?😅

最上志向はビジネス書を読み続けてきた影響の気がします。強みを伸ばしなさいみたいなことが書いてある本ばかりですしね。実際、自分が嫌いなことや不得意なことはやりたくないと思っています。だからアラフォーになっても、マネジメントとかはほぼせず、システムの設計や実装ばかりやっています😅

コアとなる資質

学習欲のみ、1回目、2回目、3回目、全部にあった資質です。これが私の不変でコアとなる資質なのでしょう。おそらく。

まあ、当たっているかなという印象です。子供の頃はそれほど勉強は好きではありませんでしたが、社会人になってからは学ぶのは好きなようになった気がします。実際、学ぶことを止めたら、人生何すればいいんだろうと思ったりもしています。

まとめ

以上、ストレングスファインダー3回目をやってみた考察、感想でした。

ストレングスファインダーは複数回やることで、時代や自分の背景が変わっても変わらず残り続ける自分のコアとなる資質を見極めることができると思います。なので、数年ごとに定期的にやるのはいいと思います。

私はこの先も何年かしたら、またやると思います。