ライフハック

【自作キーボード】3Dキーキャップを使ってみた

自作のキーボードで3Dキーキャップを使いはじめました。その感想になります。

3Dキーキャップとは

こちらになります。

https://shop.dailycraft.jp/products/3dkeycaps_claw44

キーボードのキーキャップになります。通常のキーキャップは平面ですが、こちらのキーキャップは高さに違いがあります。なので通常のキーキャップより、エルゴノミクス感があります。

他のキーボードでも使えるかもしれませんが、claw44というキーボードをベースに設計されたキーキャップになりますので、claw44で使うのが無難かと思います。

私が愛用しているキーボードもclaw44です。

なぜ使おうと思ったか

私はclaw44を使う前は、Ergodox EZというキーボードを使っていましたが。このキーボードも分離型で、左右の中央に足が付いていて角度を付けて使うことができます。私は足を立てて使っていて、claw44でも同じことをやりたいと常々思っていました。

三角形型の土台と滑り止めとかを付けたりして試したこともあるのですが、キーボードが動いてしまったりして実用に耐えられなくて元に戻すみたいなことをやっていました。

そんな中、出会ったのがこの3Dキーキャップです。元々、存在は知っていたのですが、デザイン性重視のキーキャップと勘違いしていて、無視していました。実はエルゴノミクスの思想で作られていたと言うことは最近知りました。

で、興味をもって購入してみました。

購入から使いはじめるまで

やっぱり高い

最初の感想は使ってみたいけど、お高いということです。

キーキャップだけで14,000円します。びっくりです。

自作キーボードにお金がかかるのは仕方がないと言い聞かせて、ポチりました。

装着が予想以上に大変だった

キーキャップなので受け取ったらすぐ付けられると思ったのですが、思い違いでした。

キーの区別が予想以上に大変で、装着するのに苦労しました。以下のページに詳細な説明があるのですが、この作業はもう2度とやりたくありません。かっとなって、全部一気に外さないように気を付けます。

https://qiita.com/zk_phi/items/5680607118516413a0ba

このページがなくなったら、付けることは不可能かと思います。

使ってみて

普通のキーキャップよりは打ちやすくて楽

最初、少し違和感がありましたがすぐに慣れました。慣れると、通常のキーキャップより指の移動距離が少なくなり、手や指の角度にも無理がなくなるので、だいぶ打ちやすくて楽になります。

これだけで買って良かったと思います。

ホームポジションのポッチがないけど、まったく困らない

私は、キーキャップはJとFのキーにあるポッチは必須と思っています。これがないと、指の置き場が安定しません。

このキーキャップを画像でみたとき、ポッチがなかったので少し不安でした。ただ実際に使ってみると、このキーキャップに限ってはポッチがなくてもまったく困りません。3D計上なので手の置き場がずれることなく自然におけます。

3D感はそれほどない

3D感は言うほどないと思います。逆に言うと、すぐに慣れることができるということでもありますが。

これはQiitaのページにも説明がありますが、キーキャップだけで3D感を出すにはこれが限界なのだと思います。これ以上、3D感を出すとキースイッチに力がかからずまともにタイピングできなくなるのでしょう。

キースイッチも見直した方が良いかも

キースイッチは見直す必要があるかもしれません。

私は導入前は以下のキースイッチを使っていました。

https://shop.yushakobo.jp/products/input-club-hako-switches

いわゆる茶軸相当のものになるのですが、これだとキーがかなり重く感じられ、タイプしても押し込めないこともありました。

お気に入りのキースイッチではあったのですが、昔使っていたGateron 白軸に交換しました。こちらのキースイッチはリニアの35gになります。

こちらのキースイッチは一時期使っていたのですが、軽すぎてホームポジションに指を置くときに力が入り、逆に疲れるという問題があったので、茶軸に取り替えました。ただ3Dキーキャップにはこちらのほうがマッチしています。少なくともキーを押下できないということはなくなりました。

ただホームポジションに指を置いたときに、少し力を入れないとキーが沈んでしまう問題は残っているので、その内赤軸も試してみたいと思っています。

3Dキーキャップは、タイプ時は真上からではなく横から力がかかります。なのでキーの位置によっては最後まで押し込みづらいことがあるので、キースイッチはリニアが適しているのではないかと思います。

まとめ

以上、claw44で3Dキーキャップを導入してみた感想でした。

少しお高いですが、指の移動距離が減って打ちやすく楽になります。ただキースイッチがリニアでない場合、キースイッチも合わせて交換することを検討した方が良いかと思います。