ポエム

フリーランスエンジニアの経験別おすすめエージェント

フリーランスエンジニアはエージェントを使わないで仕事とれるようになったら一人前という風潮がありますが、私はそうは思いません。

フリーランスエンジニアは経験にかかわらず、エージェントを使うべき理由があります。
またその時使うべきエージェントは経験に応じて変わってきますので、経験別、オススメのエージェントをまとめてみました。

エージェントを使うメリット

フリーランスのエンジニアがエージェントを使うメリットはただ1つです。

自分一人ではアクセスできない案件と出会うことができる

エンジニアを数年続けていると、知人の紹介やリフォラル採用といったツテは自然とできてきます。しかし、それだけでは、やはり案件の多様性や条件面など偏り、制限が生じてきます。

元同じ職場、プロジェクトなどの知人経由だと、どうしても同じような案件の話が多いですし、条件も格別に良くなったりはしません。エンジニアには経験年数関係なくキャリアアップ、ステップアップしたい、新たな経験を得たいというステージが定期的に訪れます。そういったステージにさしかかると、やはりエージェントを使った案件獲得が最良の手段です。

またエンジニアを何年もやっていると、周囲より自分の方がレベルが高くなるということが生じてきます。そして、その周囲の人からの紹介される案件というのは、やはりレベルも低いことが多いです。

横柄な考えではありますが、これは自分に原因があります。周囲の人のレベルが低いと感じてしますのは、自分がいつまでもコンフォートゾーンにいて成長していない証です。周囲の人のレベルは、自分のレベルと相関があるので自分の責任ですし、また紹介される案件のレベルが低いのは、周囲から自分はその程度のだと考えられているのが原因です。

もしそういう状況になったら、精進が必要なサインです。キャリアップ、スキルアップを目指して自分のツテでは得られないような案件にチャレンジするべきです。そういった案件へのアクセスはエージェントを経由しないと難しいのが実情です。

経験が浅い人にオススメのエージェント

レバテック

経験が浅い人がエージェントにまず求めるべきことは、案件の豊富さです。

案件が豊富にあれば、経験2,3年でも参画できる案件が見つかる可能性が高くなりますし、自分がこれから築いていきたいキャリアにマッチした案件も見つかりやすいです。

この条件を兼ねているオススメのエージェントは、有名どころではありますが、レバテックです。

レバテックは案件が豊富ですし、経験が2、3年でも潜り込みやすく、それなりの単価を獲得できる案件が豊富にあります。なので、フリーランスの最初のステップとして使うエージェントとしてはオススメです。

レバテックはマージンは非公開ですが、割と高め、15%ぐらいという通説があります。真実かはわかりませんが・・・ ただマージンは高いものの、エンジニアへの報酬も高いです。おそらくレバテックの企業ブランドでクライアントに結構の額を請求しているのだと思います。

そのためクライアントから求められるパフォーマンスが高めだと思います。ただ、例外はあります。商流や業界によっては、お金は出すもののエンジニアにそこまでパフォーマンスは求めていない、とりあえず頭数が欲しいといったこともあります。なので案件によっては、効率よく稼げるものもあります。

レバテックで数年経験を積んだら、次はもっとマージンの低いエージェントに移るという考えは持っておいてもいいと思います。

経験が十分な人にオススメのエージェント

経験が十分の場合、エージェントに求めるのは案件の仲介だけです。福利厚生やその他のサポートなどは全く必要ありません。

案件の紹介だけあればよく、他に求めるのは報酬だけです。つまり、エージェントを選ぶ基準は、どれだけマージンが低いか、もしくはクライアント直接紹介かだけです。

マージン非公開のエージェントはすべて対象外と見なして良いでしょう。

マージンが公開されてないと、そもそも自分の市場価値がいくらかわかりませんし、クライアントからもどの程度のパフォーマンスを求められているのかも分かりません。そんな状況下で働き続けるのは、メンタル的にもよくありません。

マージンを公開しているエージェントはほとんどありませんので、使うエージェントも限られてきます。

私がオススメするエージェントは以下になります。

ProConnect

ProConnectはコンサル案件を主に扱っているエージェントです。

コンサルを対象としているだけあって、単価は全体的に高めです。また、マージンは8%で業界最低水準です。

コンサルメインのエージェントなので、エンジニアの案件はほとんどありません。ほとんどがコンサル、PMなどです。ただエンジニア案件もなくはありません。プログラミングなどの開発系は皆無ですが、インフラ関連だと少しあります。

エンジニア募集の案件は、コンサルファームがエンジニアを必要としている案件であり、単価はコンサルファーム水準なので高めです。

サイトからの案件検索はほとんどできませんが、登録すれば定期的に案件情報のメールが来ます。

案件はほとんどないものの、高単価の案件が見つかる可能性はあるので、登録しておいて定期的に案件情報を取得しておくことをオススメします。

pe-BANK

pe-BANKはマージンを公開している数少ないエージェントです。

初年度は12%ですが、3年目以降は8%という最低水準になります。サイトの作りが全体的に古くて少し不安がありますが、案件数は豊富で、単価でフィルタリングして案件検索はできます。

エンジニアで高単価の案件がそれなりにありますので、定期的にチェックすることをオススメします。

エージェントとの面談は、会社説明が長かったりアンケートが求められたりして、ちょっと煩雑です。登録せずともサイトから案件はチェックできるので、とりあえず定期定期にチェックしておいて、これは思った案件が見つかったタイミングで登録すれば良いかと思います。

furien チョクフリ

furienは、クライアントと直接契約できる案件を扱っているエージェントです。

直接契約なので単価は高めです。直接契約できる案件はPM関連が多いのですが、エンジニア案件もちらほらありますので、チェックしてみることをオススメします。

サイトの作りが新しめで、個人的には今後の発展にも期待しています。

直接契約以外の従来の仲介業もやっているようですが、マージンが非公開っぽいので、直接契約以外の案件は無視してしまっていいかと思います。

コデアル(CODEAL)

コデアルは、企業と直接契約できる案件を紹介しているサイトです。

しかし、最近は正社員の案件が多めになってきて、ちょっとよく分からなくなってきた感があります。とはいえ、フリーランスの案件もまだあります。

ただ、ここは直接契約といっても単価は高くありません。

時給制の案件があるので、メインの案件というよりは、副業の案件を探すのに適しているサービスだと思います。

週4や週5で稼働しているけど、まだ時間に余裕があってプラスαで働きたいと思ったときに、のぞいてみるといいかもしれません。

マージン公開しているけど、使うに値しないエージェント

またマージンは公開しているものの、単価が低い案件ばかりというエージェントも存在します。

参入したばかりで、もとの単価が低めの案件しかまだないという事情があるのだと思います。こういったエージェントは、いくらマージンが低くても、現段階では使用対象外です。

エンジニアファーストはマージン5%を謳っている新進気鋭のエージェントです。ただ今の所は単価が安めの案件が多い印象です。経験が浅めでも参画できる案件が多そうなので、経験浅めのエンジニアが効率よく稼ぐのには適しているエージェントかと思います。

ただ経験が十分なエンジニアは、高単価案件がある他のエージェントから利用した方が良いと思います。

まとめ

以上、経験別に応じてエージェントを選ぶ基準と、オススメエージェントの紹介でした。少しでも参考になれば幸いです。

オススメのエージェント
  • 経験浅めの人にオススメのエージェント
    • レバテック
  • 経験十分な人にオススメのエージェント
    • ProConnect
    • pe-BANK
    • frien