ライフハック

twoPaケーブルタグが便利すぎる!

Amazonで、とても使いやすいケーブルタグを見つけたので紹介します。

今まで使ってきたケーブルタグ

私は長年、自作のデスクトップパソコンを使っていました。自作のデスクトップパソコンは3、4台、モニターは6枚、LANは全て有線という環境なのでデスク周りはケーブルだらけでした。そういったこともあって、ケーブルタグは長年いろんな商品を試してきました。

しかし、これといったものは、なかなかありませんでした。

メイン環境をデスクトップパソコンからノートパソコンに移した現在でも、デスク周りがケーブルだらけになるのは相変わらです。何かいいケーブルタグはないかと、ときどき探していました。そんな中で見つけたのがtwoPaのケーブルタグです。

ケーブルタグはもうこの商品で完成したと思っています。それぐらいいいと思える商品でした

twoPaケーブルタグの良い点

付け替えが用意

デスク周りの配線変更は意外と頻繁にあります。なので、ケーブルタグの付け替えもしたいことがしょっちゅうなのですが、これまで私が使ってきたケーブルタグの商品やテプラではこれができませんでした。

しかしtwoPaのケーブルタグでは、この付け替えが容易に行えます。

ここが本商品の最も良い点です。ケーブルロック型ではないので付け外しに工具は要りませんし、粘着性でもないのでケーブルが汚れることもありません。それでいて、付け替えが可能という素晴らしい製品です。

付け替えが楽といっても、ケーブルにしっかりと巻き付くので、外れることもありません。

見た目が綺麗

以下はAmazonにあるタグを付けたときの画像ですが、本当にこの通りになります。

ケーブルと並行して、付けられるのでケーブル周りが綺麗に見えます。

テプラやこれまでのタグはケーブルに対して垂直になるものがほとんどでした。これはケーブルが日かかって扱い上に、ケーブル周りが散らかっていて乱雑に見えます。

つけること、そのものが簡単

テプラはタイピングしてカットして、さらにケーブルを巻くようにしてつけるつけたりするので大変です。

既存のケーブルタグも穴を通すなど作業が結構面倒くさいです。この製品は簡単にケーブルに巻きつけられるので、その点もグッドでした。

twoPaケーブルタグの悪い点

コスパ

twoPaケーブルタグの唯一のデメリットはコスパです。20個で800円もするので、決して安くはありません。

仕事で大量に使う場合、ラックマウントや全社員のPCリプレース作業などで導入するのは難しいかもしれません。しかし、個人の場合ですとケーブルの数も限られますので、これぐらいは奮発してもいいかと思います。

まとめ

以上、twoPaケーブルタグの紹介でした。本当にオススメです。

  • Good!
    • 付け替えできる
    • 見た目が綺麗
    • つける作業も簡単
  • Bad
    • コスパ