ライフハック

Kyashを共有財布として使ってみた

Kyashというサービスを、パートナーとの共有財布目的で使用してみました。

Kyashを使う目的は人それぞれだと思いますが、共有財布として使った場合の感想、レビューになります。

以下の人に参考になればと思います。

  • 共有財布の手段に迷っている人
  • 共有財布としてKyashの導入を考えている人

結論としては、明細周りで難ありだったので、数ヶ月で使用をやめてしまいました。

Kyashの特徴

Kyashはバーチャルのクレジットカードが作れるサービスです。

バーチャルカードは、iDやQuickPayなどといった電子決済と紐付けることができるので、使用は電子決済での支払が主になると思います。

カード自体はVisaやMasterカードに対応していますが、バーチャルでのカード決済は店舗側でタッチ決済に対応している必要があります。ただ、これは導入はそれほど広まっていないと思います。私は一度も、タッチ決済で使ったことはありません。

Kyashを使い始めた理由

Kyashを使い始めた理由は、パートナーとの共有財布を使いたくなったからです。

これは、どちらかの名義でクレジットカードと銀行口座を用意してそれを共有すればいいのですが、既存の口座整理が面倒だったのと、どちらかの名義に寄せるみたいなことはあまりしたくなかったので、Kyashを利用してみました。

Kyashはそれぞれアカウントとバーチャルクレジットを作成して、それとは別に特定の人とのバーチャルの共有クレジットを設定することができます。

まさに今回のニーズと一致した機能でしたので、使い始めました。

Kyashの共有財布としての運用

私はQuickPayとKyashの共有クレジットを紐付けていました。Kyashはプリペイド式なので、お互いに同額ずつ共有クレジットにチャージしておいて、食事や日用品など、共有のものはQuickPayで支払っていました。

Kyashは個人のバーチャルクレジットと共有のバーチャルのクレジット間の資金移動をシームレスに移動できます。

QuickPayの支払いに対応していない店舗で買い物をした場合、個人の物理クレジットカードで精算をして、その精算額をキャッシュの共有口座から個人の口座に移すという運用をしていました。

Kyashの明細周りの難点

共有クレジットから個人クレジットに資金を移した場合、その用途をメモとして残すことができます。ただし履歴の一覧で見た場合、その一覧にメモが表示されることはありません。またそのメモにカテゴリをつけることもできません。

さらに私にとって致命的だったのは、使用明細のダウンロードができないことでした。アプリ上でも明細が時間経過で消える上に、ダウンロードもできないとなると、運用に耐えられるもんはないと判断しました。Webサービスならできるのかと思ったのですが、そもそもWebサービスもありませんでした。

資金移動の履歴のカテゴリ分け表示がしたくて、自分で作ろうとも思ったのですが、Kyashには公開しているAPIがないようなので、できませんでした。ダイレクトAPIという法人向けのAPIサービスがあるようですが、それを使ってまでやろうとは思いませんでした。

結局、共有財布のWebサービスは何使えばいいの?

以上、Kyashを共有財布目的で使ってみたうえのでの感想でした。

明細管理できないという点が、運用レベルでないという理由から使用は2〜3ヶ月でやめてしまいました。

共有財布に適したWebサービスがないので期待したのですが、残念です。

私は2022年4月現在でも、共有財布に適したWebサービスを見つけることはできていません。結局、片方の名義でクレジットと銀行口座を用意し、それをマネフォードに紐付けて、そのマネーフォワードのアカウントを共有アカウント扱いで使っていません。

マネーフォワードになんで共有機能がないのか不思議です。ニーズがないとも思えないのですが。