ライフハック

ブログ書けない病はインプット不足が原因

最近は、以下の行動をルーチンにできないかなと考えていて現在トライ中です。

  1. 7時から7時半の間に起床
  2. 散歩&ジムにいって、8時半~9時ぐらいに帰宅
  3. その後10時ぐらいまでにブログを書く

今の所、起床からジムまでは問題ないのですが、その後のブログが書けなくなってきています。私は過去に二度、テーマを絞ったブログをやったことがあるのですが、挫折しています。なので今回はアウトプット目的の何書いてもOKというルールでブログを始めたのですが、それでも書くことがなくなってきて困っています。

なぜ書けないのか、改善できるのか考えて見ました。

インプットが少ないからアウトプットできない

結局の所、原因はインプットの量が少ないに尽きるんですよね。インプットばかりしていてアウトプットしないのはもちろんダメですが、アウトプットしようとしているのにできないということは、対となるインプット不足ということになります。

では、私はなぜインプット不足に陥るのでしょうか。私に足りないものは何なのでしょう。足りないものだらけなので考えるのも嫌になってしまいますが、一応考えて見ました。

読書不足

書籍『Action Reading』では300冊読んだあとは、週1冊年50冊のペースで十分という記載がありました。私は最近だと、週1冊ぐらいは読んでいると思うのですが、そもそもこれまでに300冊読んできたかどうか怪しいんですよね。

社会人の最初の3年はビジネス本とかを結構読んでいた気がするのですが、それ以降は最近までほとんど何も読まずって感じです。これ、どう考えても300冊いってないですよね・・・

なので、私にはそもそも週1冊で十分という土台がないんですね。だから何らかの本を読んでも理解に到らなかったり考察が乏しかったりするんですね。なのでまずは読書が意味をなすための土台作りとして、もっと多くの本をどんどん読んでいかないと行けないフェーズに自分はいるのだと思います。

経験不足

私はそもそも日々の経験が、普通のビジネスマンと比較して圧倒的に不足しています。ほとんど家から出ず、YouTubeとかで時間を消費しています。誰かと話すことがほとんどないので、外部刺激は皆無で新たな知見が生まれないんですね。一言でいえば環境変化がないということになります。

今はコロナなので、外出したり人に合ったりとかは難しいと思うんですが、私の場合、コロナ前からこんな感じなんですよね・・・

さすがにまずいので新たな環境に飛び込んだり、新しい人間関係をつくることを意識した方が良い気がしています。

仕事不足

実は本業の仕事不足でもあったりもしています。私の場合、バックエンドやインフラ担当でプロジェクトに関わることが多いのですが、これだとどうしても隙間時間ができてしまうんですよね。これは私の仕事が早いとかではなく、昨今の開発事情だと、バックエンドやインフラよりフロントエンドの方がやることが多いというのがあります。だから割とフロントの実装待ちや動作確認待ちの状態というのがあって、暇しています。

別にカツカツに働きたいわけではないですし、私は時給契約で働いた分しか請求しないので特に問題はないのですが。ただインプット不足という原因の一端であることは間違いなさそうです。

元々、ブログ開始当初はエンジニア関連の記事が大半になると踏んでいたのに、全然ですからね。以下にエンジニアとしてのインプットが少ないのかがわかります。

そもそも考えるクセがないのでは?

そもそも自分は考えるということをしていないのではと思うことがあります。ものを考えないから本を読んでも身に入らないし、YouTubeを見ても時間を消費しているだけで終わっているのかと。

マコなり社長が何かの動画で、社会人は哲学を勉強をしたほうがいいといってました。ものを考えるようになるからだと。

実は哲学はずっと前、フリーランスになって時間に余裕ができたときぐらいから興味がありました。でも結局、何していいのかよくわからず興味レベルで終わっていて何のアクションもしてないんですよね。

ちょうと読書量を増やすのが当面の目標でもありますし、動画で紹介されていた哲学の本を読んでみようかと思っています。

まとめ

自分のインプット不足の原因と改善案を考えて見ました。改善案になっているのかどうかわかりませんが、こんな感じです。

まとめ
  • 読書量を増やす
  • 考える癖をつける。そのために哲学入門の本を読んでみる。