ライフハック

【Mac効率化】Alfred 4購入レビューとオススメ設定

Macの有名シェアアプリ、Alfred 4を購入して、2ヶ月ぐらい経過しましたので、レビューします。

このソフトウェア、効果ですがかなりオススメです。

購入したきっかけ

新しいMacを購入して、セットアップしているときにコピーバッファ&スニペットのソフトを探していました。

旧PCでは、Clipyを使っていたのですが、スニペットが使いづらかったので他に何かないかなと思ってAlfredに行き着きました。

Alfredの存在は知っていましたが、高価なランチャーソフトというイメージしかありませんでした。コピーバッファもあるんだと思ったんですが、値段が高すぎるので買う気はありませんでした。

ただ何でこんなランチャーに毛が生えた程度のアプリが浸透しているんだと思って、YouTubeでAlfredの紹介動画をいくつか見てみました。

すると他にも色々と便利なことがあると知りました。

せっかく高いお金を出してMacを新調したのだから、少しでも自分のパフォーマンスを上げたいと思っていて、効率化とか最適化というワードに機敏になっていたということもあり、購入してみました。

Alfredのライセンス形態と価格

Alfredの有料ライセンスは、Single LicenseとMega Supporterの2種があります。

一応、無料でも使えるのですが、無料だとコピーバッファやスニペット、ワークフローは使えません。ランチャーぐらいしか動かなくて、Spotlightと大差ないので、無料だと使う意味はないでしょう。

Singleの方は、€25で現メジャーバージョンのみ、Mac2台まで。Megaのほうは€45でバージョンアップ可、台数は4台までです。私は後者のMegaのほうを買いました。当時のレートで7,000円弱ぐらいだったと思います。サブスクを除けば、これまでで購入したシェアアプリで一番高いと思います。

問題なのは試用期間がないことです。使用感を確かめることができないので、思い切って買うしかないです。ちょっと酷いですね。

オススメの使い方

Alfredは高機能すぎて、まだ使いこなせていないのですが、私が現状使っているオススメの使い方を紹介します。

よく使うデフォルト機能

よく使う機能はランチャー、ファイルサーチ、コピーバッファ、スニペット、1password連係、twitter検索、計算機などです。

Alfredの起動コマンドはSpotlightと同じにしています。手が慣れているので。Spotlightとバッティングしてしまうので、システム環境設定 > Spotlight > キーボードショートカットで、Spotlightの起動を無効にしています。

ランチャーはSpotlightより強力です。例えばdisplayと打つとディスプレイ設定環境が立ち上がります。これはSpotlightにはできませんでした。Macは拡張モニター周りがいまいちなので、ディスプレイ設定環境はよく使うので助かります。

ファイルサーチはAlfred起動後、スペースボタンでできます。これもかなり便利です。

コピーバッファは日常茶飯事、スニペットもコピーバッファと連係できるのでhtmlのタグのように、選択ワードの前後に入力して挟むということもできるので便利です。

「1p」と入力すれば1passwordを検索、「tw」と入力すればtwitter検索できます。数式を入れれば計算してくるので、計算機を起動しなくても計算できるので便利です。

ワークフロー

ワークフローを導入すれば、いろいろなことができるようになります。

私が現在使っているワークフローは以下の3つです。

  • ファイルやフォルダを指定してのVSCode起動
  • FinderからiTermを起動
  • Finderに新規ファイル作成

ファイルやフォルダを指定してのVSCode起動

導入しているワークフローはこちら。

これを導入するまでは、目的のフォルダをVSCodeで開くには、VSCode起動->VSCodeのメニューからファイルやフォルダを選択としなければいけませんでした。

このワークフローを導入すれば、vs “フォルダ名” で開くことができます。

FinderからiTermを起動

導入しているワークフローはこちら。
https://www.alfredforum.com/topic/1664-open-current-finder-window-in-terminaliterm-and-vice-versa/

私はiTermをよく使うのですが、iTermの現在パスをFinderで開きたい、もしくはFinderで開いているパスをiTermで表示したいということがあります。このワークフローを導入すれば、これがワンコマンドでできます。

Finderに新規ファイル作成

Windowsでは当たり前にできる新規ファイル作成が、Macではできません。これは拡張モニターに次ぐMacのダメすぎるところですが、以下のワークフローを導入すれば改善します。

http://ianisted.co.uk/new-finder-file-alfred-2

このワークフローを導入して、「new ファイル名」と打てば、現在開いているFinderに新規ファイルが作成されます。

まとめ Alfredは作業効率化には必須、高いけどオススメ

以上、Alfredの紹介でした。

Alfredはかなり高価なシェアアプリですが、効率化という点に置いては確実にメリットをもたらします。

Macの基本機能にいまいちなところが多いので、Alfredの恩恵はかなり大きいです。