ライフハック

ノートパソコン論争2021 MacBook VS Windows

Windows VS MacBook、ラップトップ界に常にある論争テーマですが、2021年の今年、いよいよ決着がつきました。もうどちらを選ぶか迷わずにすむようになりましたよね?

結論

2021年現在ではMac Bookの圧勝、PCゲームなどのニッチな用途以外でWindowsを選ぶ理由はない!!

Windwos VS MacBookのメリデメの遷移

以前にWindowsとMac端末の比較記事を書きました。

Windows VS Mac

この時はまだまだMacBookのデバイスの使い勝手が悪く、Windowsを選ぶメリットがだいぶありました。しかし今回のMacBook ProのM1 Maxでそのメリデメがだいぶ様変わりしました。なのでWindowsとMacBookの比較を再考する必要がありそうです。

結果からいうと、以前のMacBookまでにあったダメなところが改善され、Windows(というかインテル)より強かったCPUのチップも更に良くなっています。予算が許す限り、MacBookを選んで間違いないと断言できます。

MacBookがWindowsのメリットを吸収しはじめた

そもそも、これまでWindowsを選ぶメリットは以下でした。

  • デバイスの端子が充実していて使い勝手がいい
  • キーボードがMacBookよりいい
  • 自作できるのでハイエンド機種を組みやすい
  • コスパがいい
  • 特定のアプリや外付けデバイスはMac非対応のことがある

今回、上2つはだいぶ改良されました。まだWindowsの域には達していませんが、使用に耐えられるレベルになったのではと思います。

MacBookは今回HDMIなどの端子を復活しました。これまでのusb-cしかないというスタイルが、アダプタをごちゃごちゃつけるというダサい上に不便極まりない状態でした。Appleがゴリ押ししてきたスタイルが誤りだったということを認めたのでしょう。従来のUSBがないのでまだ使い勝っては悪そうですが、USBが必要な時は自デスクでがっつり作業するときぐらいだと思うので、そのへんはドックやアダプタでカバーできそうです。

また誰得だったタッチバーをようやくなくしました。キーのストロークには期待できず依然として指が痛くなりそうなキーボードだとは思うのですが、ファンクションキー復活により、外で使う程度なら何とかなるキーボードにはなったと思います。

これまでのWindows最大のメリットは、自作できるのでノートパソコンには出せないスペックのPCを簡単に組めるということでした。ただ今回のMacBook Proのスペックが凄すぎて、ハイエンドのWindows自作機を越えています。もはやスペックが理由でデスクトップを選ぶ必要がなくなってしまいました。個人用途では3つめのメリットは事実上、なくなったといえます。

以上のことから今回のMacBoookはWindowsのメリットをだいぶ吸収してきました。Windowsに残っているメリットはコスパと、ゲームなどの特定用途ぐらいでしょうか。金融分野でもMacに対応している証券会社はあるものの、使い勝ってはWindowsのほうが良いです。ただチャートなどはTradingViewになりOS依存はなくなりましたし、プロやデイトレをしているセミプロみたいな人以外の個人用途ではMacでも十分なのではと思います。

MacBookのメリットは依然として残っている

Windwos端末と比較したときのMacBookのメリットは以下です。

  • Unixベースなので開発端末として使いやすい
  • CPUのチップがWindwosより優れている
  • 音声入力ができる(Windwosもそのうちできるようになるだろうが、もう少し先の話)

これらのメリットは依然として残り続けるでしょう。

開発端末としては、WindowsはWSL周りが充実してきていますが、この先も開発の利便性ではMacを越えることはないでしょう。企業で導入されている以上、ファイルシステムや改行コードなどいじるわけにはいきません。今後もWindows上で動かすLinuxという構図は変わらないので、やはり開発端末としては完全にMacが上です。

CPUチップも前回のM1あたりからAppleの垂直統合の強みが発揮された感じで、Windowsを圧倒しています。今後数年は、Windowsは追いつくことはできないでしょう。

また音声入力も現時点ではMacはできますがWindowsはできません。音声入力の精度はGoogleがよくて、WindowsもGoogleドキュメントを使えば音声入力はできますが、一度Googleドキュメントを通して、そこからコピペするなどの作業が発生してしまうので実用的ではありません。Macは精度はGoogleに劣るものの、直接アプリに音声入力できるので重宝します。Windowsも11でそのうち音声入力はできるようになりそうですが、現時点ではできません。音声入力もMacが一歩先をいっています。

結論

以上のことからも、個人用途なら今後数年はWindowsを選ぶ理由はなさそうです。CPUとメモリは時とともにどんどん必要になっていくので、開発PCを買うならM1 Maxのハイエンド機を買ってしまっていいと思います。