ライフハック

徒歩の機会を意識的に増やした運動の量を増やす

運動が人生において重要、いや必須なのは言うまでもありません。健康に直結するのはもちろん、脳の退化の防止や頭がよくなるという説もあります。

必要な運動量は毎日8000歩と言われています。距離にしたら5,6km、時間にしたら1時間ぐらいです。普通に生活していたら、到底達成できない数値です。

私も毎日達成できているわけではありませんが、どうやって対策しているか、また今後どうやって改善していくか考えて見ました。

基本的な考え方

ジョギングや他の運動を定期的にしている人はいいですが、私はほとんどしていません。なので、できるだけ日常の行動で運動を取り入れる必要があります。日常で運動を取り入れる機会は、移動しかありません。ここでは運動=徒歩を代表とする移動として考えていきます。

私が運動量をできるだけ増やすために心がけていることとして、徒歩の機会をできるだけ増やす、移動は極力徒歩、距離がある場合は自転車が基本となる考え方です。

アイテムを揃える

徒歩などの移動を苦無く抵抗なくするためには、アイテムが色々と必要です。このアイテムは、人によって必要なもの、不要なものが変わってくるでしょう。

私個人としては以下のような感じです。

  • 必須
    • blue tooth ワイヤレスイヤフォン
    • Audble契約
    • スマフォ
    • 歩きやすいサンダル
    • 日焼け止め
    • 部屋着、ウォーキング兼用できる服装(もしくは部屋着でも散歩程度なら気にしない精神)
  • できれば欲しいモノ
    • 小さいバッグ
    • 日傘
    • 自転車(ロードバイク)

ちょっとした機会にシームレスに徒歩や散歩に移れるためには、部屋着のまま散歩できる必要があります。いちいち着替えていては、それ自体が大変で散歩しなくなります。なので部屋着のまま靴下をはくことなくサンダルで歩けるのが、個人的には必須条件だったりします。

また歩いているときに何もすることがないと時間がもったいなく感じ、歩くことはしなくなります。なので、その対策としてイヤフォンとAmazon Audibleも必須です。

アンチエイジングの観点から、日焼け止めも必須です。真夏の今の時期は、できれば日傘も欲しいです。私は男ですが、今は男でも日傘を使ってもおかしくありません。それほどまでに暑さ、日差しの強さは異常です。

また出社をはじめとする5km以上15km未満の移動はロードバイクにするようにしています。女性だと汗や化粧の問題があって難しかもしれませんが、男性の場合、場所にもよりますが真夏以外は着替え無し、真夏でも着替えのシャツ一枚でよかったりします。

意識的に散歩する機会を増やす

リモートワークが基本の今、散歩の機会を意識的に作るようにしないと日に8000歩達成することはできません。

私は朝ジムに行っていますが、筋トレより散歩のほうが目的になっていたりします。またスーパーがマンションの隣にありますが、あえて遠い方のスーパーに行ったりもしています。

時間管理にポモドーロ・テクニックを使っていますが、2〜3ポモドーロ消化した後は、軽い散歩をすることもあります。ただ家の中で休憩をするより、散歩したほうがその後の仕事も集中しやすいです。

まとめ

以上、運動=徒歩の機会をできるだけ増やすように心がけていることでした。まとめていると以下になります。

  • 1日8000歩が理想だが、散歩の機会を増やさないと達成は困難
  • 徒歩の機会を増やすためには、自分にあったアイテムが必要
  • 仕事の休憩にも積極的に散歩の機会を取り入れる