未分類

動画サブスクサービス乱立の先にあるもの

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN22B1Y0S2A720C2000000/
Netflixをはじめとする動画サブスクサービスで、会員の増減が激しいそうです。加入者数と解約者数とも増加しているとのことです。

契約するサービスを頻繁に切り替えることユーザーが増えているようです。

私も1ヶ月だけ契約することが多いです

私もその一人です。最初はNetflixを数ヶ月契約していましたが、見たい動画を一通り見終わった後は、全然見なくなったので解約しました。

その後も、2回契約しましたが2回とも1ヶ月で解約しました。見たかったドラマを最初から最後まで見たら解約しています。

サブスクというより、見たいドラマのシーズンセットに1000円(今は1200円?)払っている感覚です。

Netflix以外にも、Huluを2回、FODを1回、契約したことありますが、これらも見たいものだけ見た後にすぐ解約しました。

要因は動画サービスが乱立

こういった短期契約ユーザーが増加している原因は、動画サービスが乱立していて選択肢が沢山あるからです。

Netflixにはないけど、他の動画サービスで見られるということはよくあります。特に日本のドラマやアニメはその傾向が顕著です。Netflixといえど、全てのコンテンツをカバーできる分けではありませんからね。

広告付プランは暫定対応?

Netflixは、広告付プランなどで価格体系を増やす対策をするようです。

正直、これがどこまで効果があるのかわからないですね。個人的にはまったく惹かれません。

Netflixもこれは暫定対応という感じに考えているかと思います。

メインに注力しているのは、Netflixにしか作れない動画制作でしょうか。今はまだ数が少ないので、見終わったら解約ということになりますが、これらの質の高いオリジナルコンテンツが積み上がり、何時間かけても消費しきれなくなったら、Netflixの一人勝ちの状況がまた来るかもしれません。

AIが動画作成する世は訪れるのか?

10年単位の未来予測系の本には、将来的には、AIで動画が自動生成され、それらはパーソナライズされている世になるかもという説もあります。

個人的には、技術的な課題を抜きに考えても、他者と同じコンテンツを消費してそれぞれの感想をいいあったりして共感できることにも価値があるので、その可能性は低いと思っています。

それでも実現するとしたなら、一番可能性があるのはNetflixでしょう。

今は、他社サービスの台頭で多少苦戦しているかもしれませんが、Netflixの将来は明るそうです。