全般

Kindle出版よりはまずは商業出版を目指すべき

最近、出版や執筆に興味を持ち始めて、いろいろ調べています。

そのうちの一つの疑問として、商業出版とKindle出版どっちがいいのか、1冊も出版したことがない無名の人はどちらを目指すべきなのかというものがありました。

色々調べた結果、まずは商業出版を目指すべきというのが結論になりました。

Kindle出版のメリット

Web記事だとKindle出版をオススメする記事にあふれています。Kindle出版がオススメの理由は以下が多かったです。

  • ハードルが低い
  • 印税率が高い
  • 出版を手軽に軽々できて次に活かせる

Kindle出版はハードルが低いようです。何か書きさえすれば、特に何の障害もなく出版できるようです。ダーゲット読者が不明確な企画でも、内容の成否がどうであっても、誤字脱字があっても問題ないようです。

そしてKindle出版は印税率が高いです。商業出版は5〜10%ぐらいらしいですが、Kindle出版は35% or 70%らしいです。全然違いますね。これだけ見たら、Kindle出版のほうが断然おいしく感じます。

またKindle出版をすることで、執筆したという経験を得られて次に活かせるという意見もありました。次というのが、商業出版なのか2冊目のKindle出版のことを言っているのかよくわかりませんが。ただ、詳細は後述しますが、書籍から得た情報だと商業出版に活きることはなさそうです。むしろ逆効果ですらあります。

Kindle出版の落とし穴

Kindle出版には自費出版と同じ落とし穴があります。すなわち

  • ブランディングにならない
  • ほとんど売れない
  • 売れなかった著者として出版業界に広まり、商業出版がしづらくなる

などです。

商業出版には権威性があります。商業出版をすれば○○の著者として評価されて、セミナーやコンサルの依頼などにつながり自身のビジネスが加速していきます。なので商業出版はブランディングになります。

しかしKindle出版にはそれがありません。Kindle出版したと口外しても、あ、そうと言われて終わりです。ただ書いたものを第三者のフィルターなどを通さず有料で公開したに過ぎません。やっていることは、note記事を有償で公開するのとたいして変わりません。

そして商業出版と違い、Kindle出版はあまり売れません。なのでいくら印税率が高いといっても、金銭的な享受はほとんどないといっていいでしょう。

そして出版業界には、売れなかった実績のある著者として認識されることになります。こうなると、商業出版はますます遠くなるようです。

Kindle出版をオススメするインフルエンサー

私が知るインフルエンサーでは、勝間和代さんが自身のサロンでKindle出版をススめています。

私も出版について色々調べる前までは、なるほどなーぐらいに思っていました。私は彼女のサロンに入ったことはないので、その主張の詳細な理由までは把握していませんが、今は鵜呑みにするのは少し危険なのではと思っています。

彼女自身、Kindle出版して成功をおさめていますが、それは土台として商業出版で売れた実績があり、ネームバリューがあるからです。彼女ぐらいの影響力のある人ならKindle出版でも効果があるでしょう。

でも、まったく無名の何の実績もない一般人がいきなりKindle出版に手を出すのはどうかと思います。

マイナーな分野、市場規模が小さいからといってKindle出版に走るのは間違い

マイナーな分野だから、市場規模が小さいからという理由で、商業出版はできない、でもKindle出版ならできるという意見もあります。が、それも違うと思います。

読者が限られる実用書の類も商業出版はありますし、もし市場規模が小さすぎるなら、それは企画が悪いです。Kindle出版しても、あまり旨みはないでしょう。何かとの掛け合わせで市場規模の拡大を図るなど、企画から見直すべきです。

まとめ

以上、Kindles出版と商業出版についての調査結果でした。安易にKindles出版に走る前に、まずは商業出版を目指すべきです。

商業出版を目指すべき理由は、以下の本に書かれていました。