未分類

しまうまプリントでフォトブックを作ってみた

フォトブック作成サービスの一つ、しまうまプリントを使ってみました。

私は、フォトブックを作ったのは今回が初めてであり、他の類似のサービスとの比較はできません。が、しまうまプリントは、フォトブックを作ったことなかった私にも簡単にできました。安いしクオリティも申し分ないので、とりあえずフォトブック作ってみたいという人の最初に1冊に、オススメです!

フォトブック、知ってたけど作ったことはなかった

私はフォトブックは作ったことはありませんでしたが、フォトブックという存在自体は知っていました。

友人宅の家にお邪魔した時に、友人が旅行などのイベント単位でフォトブックを作っていて、それを見せてもらったことがあったからです。

ワンコインでできると聞いていたので便利だなあと思ってはいたのですが、一人暮らししていた頃は、撮った写真をアルバムにフォトブックにしたいという思いはありませんでした。そもそも写真を撮ることに興味はなかったので、フォトブックにするほどの写真も所有していませんでした。

しかし、結婚してパートナーができ、色々なイベントやちょっとしたことでも写真を撮るようになり、保有する写真が増えてきました。そこで一度フォトブックを作ってみようと思い、今回しまうまプリントを使ってみました。

サービス選定にあたり

最初にフォトブックを作るにあたり、いくつかサービスを調査してみました。

サービス選定において、私が満たしたかった条件は以下の通りでした。

  • PCで操作できること
  • 安い (1000円未満)

私はスマホよりPCを使うことが多いので、PCで操作が完結できることが第一条件でした。

そもそも写真を選ぶ操作は大きいモニターを使ってやりたいので、スマホでしか操作できないようなサービスは対象外でした。また、フォトブックのためにスマホにアプリを1つ増やしたくないというのもありました。

またもう一つの条件として、今回はお試しということもあり、安くできるものを探していました。ワンコインでできるサービスもあるということも知っていたので、具体的には送料込みで500円から1000円未満でできるものを探しました。最悪、捨てて作り直してもいいぐらいに考えていたので、失敗がきかない価格帯は避けました。

逆にこだわらなかったのはグレードや写真品質、装飾や加工などです。

しまうまプリントを使ってみた感想

以下、シマウマプリントを使ってみた感想です。

よかった所

プランがたくさんある

しまうまプリントはフォトブックだけでなく、アルバムなどサービスそのものがいろいろあります。またフォトブックの中でも、写真品質、ページ数、サイズなど様々な選択肢があります。かと言って、ホームページが見づらいわけでもなく、自分のニーズと合うものを簡単に見つけることができます。

私はA5サイズの1番ページ数が少ない24Pのものを選びました。品質は1番したのライト(旧スタンダード)にしました。1個上のスタンダードにすると、一気に価格が倍以上になるので、今回はお試しと言うことで一番安いやつにしました。これで送料込みで700円ぐらいだったと思います。

仕上がりの第一印象は「薄っ!!」でした。

友人宅で見たものはもっとぶ厚かったので、それぐらいあるかと思ったのですが、それに比べるとかなりペラペラです。まあ、でも冷静に考えてみると24ページなので薄くて当たり前ですね。今はかさばらない厚さでかえってよかったと思っています。このサイズなら本棚にもしまいやすいですし、何個作っても厚さもたかがしれているので、今後も気軽に追加発注できます。

操作が簡単!編集が簡単

パソコンでやったのですが、操作や編集が簡単でした。レイアウトを選んで、そこに写真をドラッグするだけなので、操作が直感的です。迷うことなくできました。

また、ページの差し込みや削除、レイアウトの変更なども簡単にできて編集しやすいです。

アカウントを作れば90日保存できるので、他の人に見てもらったり、少し時間をおいて自分の編集したものを冷静に評価することもできます。

少し残念に思った所

パソコンで編集したものがスマホで見ることができない

私はパソコンで編集したものを妻と共有したかったのですが、妻はあまりパソコンを使わず、スマホばかり使う人です。なのでスマホでも見られれば良かったのですが、パソコンで編集したものはパソコンでしか見ることができない仕様になっています。同じアカウントでログインしてもスマホで見ることができません。

これは少し残念に思いました。

heic未対応

これはしまうまプリントが悪いわけではないのですが、heicというiPhoneの独自のファイルタイプに対応していません。なので、iPhoneで撮った写真はJPEG変換する必要があります。この操作はちょっと面倒くさかったです。

話がそれますが、アップル社の独自規格をゴリ押ししようとする企業文化はほんと困りものです。フォトブック作成といったニッチなサービスにまで悪影響を及ぼしています。

親にも勧めたいと思った

今回シマウマプリントを使ってみて思ったことは、このサービスを親にも勧めたいなと思いました。

親の世代あるあるですが、私の親もご多分に漏れずITには弱いです。Webサービスは全然使いこなせていません。おそらくフォトブックというワードも知らないでしょう。しかし、写真を撮るのは好きなので、スマホやタブレットで写真をしょっちゅう撮っています。そしてローカルデバイスなどに撮った写真を溜め込んでいて、まともに整理できていません。

なので、このフォトブックを作ることを教えたら、ちょっとした趣味になっていいのではと思いました。今度、帰省した時に今回作ったフォトブックを持って行き、自分もやりたいと言ったら操作方法を教えようと思っています。

まとめ

以上、しまうまリントを使ってみて感想でした。

しまうまプリントのフォトブック作成サービスは簡単に操作できる上に安いので、お試しで使うのにぴったりです。

他のサービスを使うことなく、今2冊目を作っていています♪