ライフハック

普段あまり料理しないけど、ホットクックを購入してみた

私は普段ほとんど料理しません。しかし、2週間ほど前に調理家電のホットクックを購入してみました。

この家電はいろんな人が、オススメですと紹介しています。今更ではありますが、私も使用感のレビューをしてみたいと思います。

私の個人的な意見になりますが、そこまで騒ぐほどのものなのかな?って感じはします。確かにあれば便利だけど、そんな言う鵜ほどでもないというのが、今のところの雑感です。

少しでも購入を考えている人の参考になれば幸いです。

前提

まず、今回のレビューの前提ですが以下になります。

  • 普段はほとんど調理をしない
  • 私自身はあまり食べ物にこだわりはない。食べらればOK。何色か同じものが続いても平気。
  • 健康には気を使っているので、健康的な食事はしたい。
  • 夕食は宅食サービスのワンマイルで済ませることが多かった。
  • 基本リモート勤務だけど、時期よっては出社が連続することもある。
  • 2人暮らし、共働き。どちらも料理は得意じゃないし、家事に使う時間もあまりない。

まあ、仕事優先で料理にかける時間はないというよくあるパターンかと思います。

今まではご飯だけは自分で炊いて、おかずはワンマイルと納豆みたいな感じでした。私はこれでも良かったのですが、パートナーがずっと同じ食事には飽きてきて、自分たちで作ったものを食べたいという要望が出るようになりました。

そこで、手軽に自炊できそうなホットクックに白羽の矢形って、導入にいたりました。

購入したもの

購入したものはこちらになります。

[新品]シャープ ヘルシオ ホットクック KN-HW16G 2〜4人用 1.6L容量

ホットクックは全部で3タイプあって、本製品は真ん中のランクになります。私は家電は基本、大は小を兼ねるという考えのものと、あまり考えないで最高ランクのものを選ぶことが多いのですが、ホットクックの一番上のものは6人用までのサイズで、こんな大きいものはいらないなと思って、このサイズにしました。

正直、購入しても使用し続けられる自信がなかったので、Rentioというところからレンタルにしました。

月1700円ぐらいで借りられます。最低レンタル期間は半年なので、最低でも1万円弱の初期投資が必要になります。

3年使い続ければ自分のものになります。3年使い続けた時の金額は61,200円です。この商品は5万円弱ぐらいなので、レンタルし続けた場合は1万円ちょっと高くなります。

最低レンタル期間の半年使った後に、新品で購入しても同じぐらいの値段になるので、よくできた価格設定だと思います。

実際の使用感

時短になるかどうかの判断をは難しい

ホットクックは調理開始から食べ始めることができるまでの時間は結構かかります。

なので、仕事から遅い時間に帰宅した後はとても使う気にはなれません。ワンマイルかスーパーで買った適当なもので済ましてしまいます。

ホットクックは日頃料理をする人にとっては、時短になる上、自分で作るより美味しくできるので重宝することでしょう。それはわかります。

しかし、普段料理をしない人が導入したところで、時短の恩恵を受けられるというものではありません。

そもそも普段料理をしない人からしたら、料理の工程で苦痛なのは、材料を買ったり、それを下準備のために皮をむいたり切ったりすることです。その面倒があるのはホットクックを導入したところで変わりません。

材料の下準備したら、あとはセットするだけで放置できるので、リモート勤務の人などには適しているかと思います。私も出社のときは使っていませんが、リモート勤務の日はホットクックを使用することが多いです。

味はかなりいいと思います。

私は料理はあまりしませんし、腕に自信もありませんが、レシピ通りであればかなり美味しいものができます。

私は食にはそれほどこだわってきませんでしたが、それでもおいしいものを食べたいということは人間の根源的な欲求なので、その欲求から逃れられないことに変わりはありません。ホットクックで調理したものが食べられるときは、普段の適当な食事より幸せに感じます。

おいしいものができるので、料理しようという動機付けにもなります。まだ購入してから2週間ということもありますが、面倒くさがりの私でも、結構な頻度でホットクックを使っています。

導入コスト

導入コストは高めかと思います。

本体の価格自体が結構しますし、置き場所も炊飯器がおけるぐらいの広さや高さは必要です。

我が家はキッチンがかなり狭いのですが、置き場所を捻出するのに苦労しました。

総論

普段から料理をする人にとっては重宝する家電だと思います。普段の料理が格段に楽になる上に、質も向上するでしょう。

しかし、普段から料理しない人にとっては導入前に落ち着いて考える必要があります。結局、買い物や下準備、洗い物はしないといけません。様々な調味料や粉ものは持っていないといけないので、がっつりの自炊生活にシフトする覚悟が必要です。

個人的には、食材の下準備が必要という点が、やはりネックでした。購入してきた食材を入れて終わりという家電が、未来に誕生することを説に願っています。