ライフハック

歯茎が下がってきて辛い

最近、歯の健康に興味津々です。そして、もっと歯を大事にしてくればよかった後悔することがあります。

歯茎が下がってきたのを気にするようになった

昔から歯医者で歯茎が下がってきていることを指摘されたのですが、とくに気にすることなく今までやってきました。一応、柔らかい歯ブラシは使っていますが、それ以外の対策は特にすることはありませんでした。

この歯茎周りについて、いろいろ調べたのでわかったことをまとめたいと思います。

歯茎が下がると何が問題なのか?

歯茎が下がることで生じる問題は以下の通りです。

  • 審美的な問題
  • 歯周病が進行しやすくなる
  • 歯が染みやすくなる
  • 症状が進むと歯が抜けてしまう

歯茎が下がると、歯の見える面積が増え、歯が長くなるかのように見えます。これは審美的によくありません。審美的な問題は、自身や信頼の損失にもつながり、人生の幸福度に大きく影響します。

歯茎が下がると、ブラックトライアングルができ、歯を綺麗に保つのが難しくなります。歯ブラシだけでは汚れが落ちなくなり、虫歯や歯周病につながります。歯茎が下がると、口腔衛生をよくするには歯間ブラシなどを使う必要がありますが、これが正しく使用するのは難しく、誤った使い方をすると歯茎を痛めてしまいかねません。

また歯茎が下がると、歯がむき出しになるので、虫歯でなくとも冷たいものや熱いものが染みるようになります。

症状が進行すると、最終的に歯を支えられなくなり、抜歯に至ることになります。

歯茎が下がる原因は何か

歯茎が下がる原因はいろいろあります。

  • 加齢
  • 歯の磨きすぎ(歯ブラシ強すぎ)
  • 歯列矯正で歯茎が弱くなる
  • 歯槽膿漏
  • 遺伝

どれか1つが決定要因となるわけではなく、複合的な要因で歯茎が下がります。私の場合、加齢、間違った歯磨き、歯列矯正などの原因になっている気がしています。

復旧不可、できるのは現状維持のみ

歯茎が下がることに絶望感を抱きやすい理由は、下がった歯茎は元に戻らないからです。

歯茎はどんなに健康的な生活習慣をしても再生しません。また再生医療の方法も確立されていません。

できることは、歯ブラシ、歯間ブラシしっかりして現状維持に努めることだけです。

歯肉移植というのもあるのですが、これは歯周ポケットができるという問題があります。歯肉移植は自分の上顎の皮膚の一部を切り取って、歯茎に移植する治療法です。上顎の部分は切り取っても再生するので、このこと事態に問題はありません。(術後、しばらく痛いという問題はありますが・・・)

ただ歯肉移植はむき出しになった部分を皮膚で覆うだけなので、その部分は歯周ポケットになります。皮膚で覆うことで掃除することができなくなり、結果として歯周病を引き起こすリスクがあります。

歯肉移植をしたときの体験談

実は私は歯肉移植を4年ぐらい前にしたことがあります。

当時は歯周ポケットになるという問題を知らずに、歯医者に言われるがままに治療しました。虫歯を治したが歯茎が下がってきており、染みるのを防ぐには神経を抜くか歯肉移植をするしかないみたいな感じだったと思います。

当時は歯にあまり関心がなかったので、歯科医が進めてきた歯肉移植を、じゃあそれでお願いみたいな感じで軽く承諾してやりました。

で、やってみた感想は、とっても痛いにつきます。

術中は1時間近く口を開けっぱなしなので、顎がとても辛いです。また唾液やら何やらがたまって吐き出したいのですが、それもできません。もっと吸引してほしかったのですが、そのお願いもできない状態でした。

術後は痛み止めをもらって飲むのですが、それじゃ全然収まらないぐらい、上顎の切り取った部分が痛いです。手術当日は痛みで水ぐらいしか飲めませんでした。術後、2、3日も痛みで水と柔らかいパンを少しぐらいしか食べられませんでした。

痛みがつらくて、この治療法は人類にはまだ早いのではみたいなことを思っていました。

その後はトラブルもなく歯肉移植したことを後悔したことはなかったのですが、歯周ポケットの問題があることを知ってちょっと早まったかなと思い始めています😇

まとめ

以上、歯茎の後退についてでした。

  • 歯茎が下がると、様々なトラブルにつながる
  • 下がった歯茎は二度と戻らない
  • 歯磨きを気を付けるしかない

歯医者で歯の掃除をしてもらったとき、下の歯がかなり痛かったのですが、原因は歯茎が下がっているからでした。意識して自分の歯を診てみると、ブラックトライアングルだけでした・・・

このことをきっかけに、歯茎後退についていろいろ調べてみました。