趣味

【未プレイ】フォートナイトについて少し調べてみた

まだ未プレイですが、フォートナイトに興味を持ち始めました。

興味をもちはじめたきっかけ

興味を持ち始めたきっかけは、Audibleで『世界2.0 メタバースの歩き方と創り方』を聞いたからです。

私はFPSもマルチプレイのゲームも興味がありませんでした。FPSは子どもの頃、バイオハザードとかやってまったく面白いと思わなかったし、マルチプレイのゲームも学生のとき何個かやってみましたが、コミュニケーションが面倒くさいという感想しかありませんでした。

それからずっとこの手のゲームはまったく惹かれませんでした。今でもそれは同じです。

ただ、『世界2.0』を聞いて、一度、体験しておいたほうが良いかもと思いました。

フォートナイトはメタバースの入り口

『世界2.0』では、フォートナイトはメタバースの入り口で、フォートナイトが生まれたときからあって、幼少期からフォートナイトでコミュニケーションをとるのが当たり前の世代が社会に出る頃に、メタバースは飛躍するかもしれないと言っていました。

そして、その頃には、その感覚や価値がわからない人たちが老害呼ばわりされるかもしれないとのことです。今の世で未だにFAXを使用している人たちが老害と呼ばれている現象が、今の現役世代、仮想現実を斜に構えて冷めた目で見ている世代にシフトしていくかもだそうです。

なので、今のうちにフォートナイトを少しは体験しておきたいと思い始めました。

フォートナイトより運営企業のEpic Gamesに興味がある

『世界2.0』を聞いて、私はフォートナイトのゲームそのものよりは、その運営のEpic Gamesという会社に興味をもちました。

フォートナイトで大ヒットゲームを運営すると同時に、ゲームエンジンを提供している会社、これだけ聞いて単純にすごいなと思いました。

Epic Gamesが提供しているゲームエンジン、Unreal EngineはUnityほどシェアはありまえせんが、それでもゲームエンジンのシェアはUnityの次に多く、Unityより3Dの壮大な重めもゲーム作りに向いています。メタバース向きのゲームとゲームエンジンでシェアを握っており、今後の成長余地がすごそうです。

ゲーム分野でGAFAMが追いつけないほどの位置にしており、GAFAMと対決しておりGAFAMに吸収されることもなさそうです。

GAFAMではFacebook(meta)がメタバースに全振りしていますが、メタバースの覇権を握るのはFacebookではなく、このEpic Gamesかもと言われています。

フォートナイトについて調べてみて、わかったこと

私にはこの先、メタバースの世が訪れるのかどうかはわかりませんが、とりあえずフォートナイトをやってみようかなと思って、いろいろと調べてみました。

今の所、フォートナイトのプレイについて、わかったことは以下になります。

Macではできない

フォートナイトはMacやiOSではできないそうです。ゲームができないのはMacあるあるかなと思ったのですが、どうやらそうではないようです。昔はMacやiOSでもできたらしいですが、今はAppleとEpic Gamesがもめているらしくできなくなったとのこと。

我が家の一番のハイスペック機がMacなので残念です。ただAppleの手数料取り過ぎ問題もよくないので、この流れは個人的には良いことかと思います。

それ以外の主要機種、SwitchやPS4/5、Android、Windows機で動くそうです。

この内、私が持っているのはPS4、Android、Windowsです。スマフォでやる気はしないので、やるならPS4かWindows機になりそうです。

ちゃんとやるならキーボードとマウス

ゲームコントローラーだとできることが限られるみたいで、ちゃんとやるなら入力デバイスはキーボードとマウスが必要だそうです。

PS4にキーボードやマウスを接続するのは面倒くさいですし、そもそも今手持ちのキーボードやマウスでできるのかどうかもわかりません。なので、やるならWindows機ででしょうか。ただ、持っているのはゲーミングキーボードでなくその辺の安いキーボードです。これでできるのかどうか。

そもそもゲームを体験してみるのが目的なので、最初はPS4のコントローラーだけでいいかもしれません。ゲームコントローラーだけでやるエンジョイ勢も沢山いると思いますし。

課金はスキンやエモーション(アクション動作)のみ。ガチャとかはない。

こういうゲームは課金地獄のイメージがありますが、そんなことはないようです。日本のゲームアプリと違って、ガチャとかはないらしいです。

課金の対象はスキン(キャラクターの装飾など)と、キャラがユーザ同士でコミュニケーションをとるようのエモーションだけらしいです。

それだけで、大金を稼ぐEpic Gamesってすごいですね。

確かに格ゲーとかでもコスチュームとか欲しくなることありますしね。はまったらスキンを購入する気持ちはわかります。

ルールはバトルロワイヤルのFPS

私はFPSのルールがよくわかっていないのですが、おそらく一般的なFPSと同じだと思います。銃で自分以外のキャラを撃って、生き残りを競うゲームです。

おお、と思ったのは、一定時間経過ごとに行動可能なエリアが狭くなっていくことでした。漫画のバトルロワイヤルと同じです。このルールはやっていて面白そうだと思いました。

プレイ時間が有利に働くことはない

ゲーム開始は毎回みんな同じ状態ではじまり、まずは武器やアイテムの調達をするところからはじめるらしいです。今までのプレイ時間で、ステータスや初期装備が有利になるみたいなことはないらしいです。

もちろんプレイ時間相応のスキルや経験の差は大きいと思いますが、ステータスに差がないのは良いことだなと思いました。

私は今回フォートナイトについて調べるまで、ネットゲームはプレイ時間が長ければ長いほど、もしくは課金すればするほど有利になるというイメージしか持っていなかったので、これも想定外でした。

運ゲーの要素もありそうですし、初心者でも十分楽しめる作りになっていそうです。

また同レベル帯のプレーヤーとマッチするようになっているとのことです。格ゲーだと、そういう作りになっていても初心者層がすぐにいなくなって、生き残った猛者ばかりとの対戦になります。そして、両者とも楽しめないという結果になりあす。ただフォートナイトはユーザが多いですし、子どものプレイヤーも多そうですし、格ゲーみたくはなっていないのだろうなと思いました。

まとめ

以上、『世界2.0』でフォートナイトに興味を持ち、少し調べてみた結果でした。

正直、今でもメタバースの入り口って大げさな。ただのFPSゲームでしょぐらいにしか思えないのですが、ゲーム自体は面白そうな気はするので、そのうちやってみたくはなっています。

今はあまり時間が取れないのですが、来月かその次の月ぐらいには、仕事や勉強も落ち着いている予定なので、そうなったら少しはじめてみたいと思います。ってこんな悠長なこと言っているようだと、本当にやるのかどうか怪しいですが・・・😓