ポエム

英語力が不要になったら外資にエンジニアが殺到する

ビジネス英語以下の英語力は不要になるかも

英語をはじめとした自動翻訳の技術進化が目覚ましいです。AIの得意分野ですし、世界での需要も大きいので、この進化は止まることはないでしょう。

今はまだ英語が話せなかったり読み書きができないと、困ることが多いですが、これはそのうち改善されていくでしょう。日常会話レベルですと、異なる言語を話すもの同士がリアルタイムで会話できるようになると言われています。

実際、技術文書はdeepLに翻訳をかけるとほとんど問題なく読み解くことができます。翻訳にかける操作や翻訳待ちの時間がちょっと手間なので、英語をできる人にまだ部がありますが、この辺の問題が改善されるのも時間の問題かと思います。

そうなってくると、ビジネスでも英語力は不要になる可能性が高いです。

経営レベルでの交渉場面や正式な文章の翻訳などにおいては、自動翻訳が進化した世でも英語力は求められるでしょう。翻訳家や通訳などのハイレベルな英語力が必要な職業は、今と変わらず、その人自身の英語力を求められると思います。しかしビジネス英語以下の英語力で良い職業は、その人自身の英語力はほとんど求められなくなるかもしれません。

エンジニアは明らかに後者です。英語は必須な仕事だけど、仕事に従事している人が英語力を保有している必要はなくなります。日本語を話しながら海外の英語ネィティブの人と違和感なく仕事ができるようになるかもしれません。ITコンサルなどは微妙かもしれませんが、エンジニアレベルだと細かいニュアンスの理解は不要なので可能性はあると思っています。

英語の壁がなくなると、エンジニアは外資に殺到する

エンジニアにとって英語の壁がなくなると、転職で外資に応募する人が今以上に増えることは確実です。技術力はあるけど、英語力はいまいちという人が一定数います。こういった人たちが外資の転職市場に流れてきます。

外資は今以上にエンジニアの調達が楽になり、最適な人をアサインできるようになり、事業は成長していくでしょう。一方、国内企業はますますエンジニアを採用しづらくなります。技術力に自信があるものは外資に流れ、未経験や経験浅めの人の応募がほとんどになるでしょう。

2022年の現在、未経験者のキャリア形成はとりあえずSES経由でIT業界に潜り込み、経験や技術を得たら自社開発にシフトするというのが王道です。これがそのうち、とりあえず国内企業で経験を積んで、その後は外資というのが一般化するかもしれません。

結果として、外資のサービスはますます発展し、日本は今以上に競争力を失うかもしれません。一日本人として悲しいことではありますが。。。

国内のエンジニアポジションのリスク

しかしエンジニアからしたら、英語という問題がないなら、国内でなく外資に行くのは当然の選択です。

外資系企業のエンジニアは、技術的な仕事に注力できます。国内企業だと、エンジニアという肩書きで、マネジメントやエクセルワークを求められるケースがかなりあります。もちろん会社や現場に寄るのですが、こういった仕事や会社は実際にジョインにしてみないと実体が分からないところでもあります。

国内企業の転職市場は、こういった仕事が紛れ込んでいるリスクがあります。フリーランスとしての案件ジョインならともかく、転職でこういった地雷は誰もが踏みたくありません。

実際エンジニアからすると、外資と国内企業のJDを見比べた時、外資でしか働きたいと思いません。

英語の壁がなくなって、英語は得意でもないエンジニアが外資に挑戦できる時代に備えて、アルゴリズムやコンピューターサイエンスの勉強を少しずつやっていこうと思う今日この頃です。