ポエム

現在の中年のエンジニアは80歳まで働き続けられるのか

私は今40歳のエンジニアです。私のような現在、中年のエンジニアは、どうすれば80歳まで働き続けられるのか。このことについて考えることがあります。

現時点では答えが出ていませんし、生きながらずっと模索し続けるような命題でもあり、正解はないものだと思います。それでもこのことについては考え続けないといけません。

前提、80歳まで働かないといけない理由

人生100年時代と言われています。ライフシフトでも80歳まで働き続ける必要があると叫ばれています。

理由の1つはお金です。自分の寿命が100歳だとしたら、60もしくは65歳ぐらいでリタイヤした時、100歳まで生活資金がありません。昔は寿命は80歳でしたので、60でリタイアしても20年分お金があれば十分でした。しかし、今は寿命が100歳だと考えると40年分もの蓄えが必要になります。それを60歳で達成するのは困難です。なので、収入は減りつつも80歳まで働き続ける必要があります。

もう1つの理由は生きがいです。仕事人生を終え、「これからは自由だ。ハッピーだ!」となりますが、この精神状態は長くは持ちません。一昔前のライフモデルは、この期間は60リタイア80寿命の20年でした。20年でも長いくらいでしたが、今は60でリタイアすると40年もあります。なので、お金とは別に生きがい、社会と関わっていくためにも80歳ぐらいまでは働き続ける必要があります。そうでないと人生で空虚な期間が増えるだけです。

崩壊したエンジニア35歳限界説

一昔前、エンジニア35歳限界説がありました。しかし、この説は今は崩壊しています。

この説は、IT土方と揶揄されるようなSIer下請けなどの過酷な環境で働き続けることを前提としています。頭脳より体力や健康を求められ、また体を壊しやすい環境ということもあり、35歳が限界でした。しかし、今はSI以外にも自社サービスなどでエンジニアを必要としている会社も増えてき、またフリーランス業界も成熟してきたので、40歳以上のエンジニアでも需要があり、働くことができています。

ただ50歳以上は現実は難しいです。フリーランスの案件でも40代までというのは結構あります。

10年後、20年後、エンジニアはどうなっているのか

では今後はどうでしょうか?

私が50歳になるころ、つまり10年後に50代のエンジニアとして働き続けることができるでしょうか?また60歳になってから80歳まで、つまり、今から20年後から40年後の間はエンジニアとしての需要はあるのでしょうか?

これは現時点では不明です。未来のことは誰にもわかりません。誰もが経験したことのない時代でロールモデルはありません。自分で考えて自分の生きる道を探っていくしかありません。

そもそも20年後から40年後の間にエンジニアが必要な世かどうかもわかりません。今から数年後にコードを書くことがなくなってシステム構築は全自動になるとか、バックエンドはなくなるとかは飛躍しすぎな話ですが、20年後はどうなのかはわかりません。

ただ80歳まで働くべきなのは確定事項であり、40代50代以降は60代以降にもなっても通用する、いわゆるシニアスキルを身につけることを意識しながら働いていく必要があります。このシニアスキルは豊富な人脈や海外マネジメント経験、高度な専門技術とか言われますが、20年後に求められるスキルが具体的に何なのかはまだ分かりません。

結局、日々生きながら、働き続けながら、時代や技術の趨勢を敏感にキャッチして、自分で考えて行くしかありません。