ライフハック

耳栓で人の声をシャットアウトして集中できる環境を手に入れる!

タムタム
タムタム
諸事情で耳栓が欲しくなったので試してみました😆

耳栓は高校時代、大学入試の時に少し使ったことがあるだけでした。その時はあまり効果がなかったような印象なので、今回もあまり期待はしていませんでした。

しかし、予想以上に良かったので紹介してみたいと思います。

  • 静かな環境が欲しい人
  • 人の声がヘッドフォンではシャットアウトできなくて困っている人
  • 耳栓の効果を疑っている人

には、是非読んでいいただきたい内容になっています!

まずは耳栓お試しセットがおすすめ

耳栓のお試しセットを買いました。以下の商品です。様々な耳栓がワンセットずつ入っており、自分に合った耳栓を選ぶことができます。5〜600円なので、お手軽に試せて便利です。

ちなみにこの製品ですが、耳栓1セットごとにパッケージされているのですが、このパッケージは捨てない方がいいです。私がいくつか捨ててしまいましたが・・・ 一通り使い終わった後、自分に合った耳栓がどの製品なのか、わからなくなってしまいます。

耳栓を使い始めた経緯

私が耳栓を使い始めるきっかけになったのは、生活環境が一人暮らしから共同生活になったためです。

私は毎朝30分ほど読書をしているのですが、その時間帯にパートナーがテレビを見ることが多くなりました。私はこれまでテレビをほぼ見ていませんでした。それもあって、テレビそのものをかなり毛嫌いしており、テレビ音はかなり不快です。なので、読書中に入ってくるテレビの音声が邪魔で、読書に全然集中できませんでした。

これが仕事中ならイヤホンとかつけて音楽を流せば事足りるのですが、読書の場合、音楽を聴きながらはしたくありません。根本解決は引っ越しをして部屋をわけるとかなのですが、今すぐできる対策ではないので、何か対策はないかと探したところを耳栓がヒットしました。

冒頭にも書いたのですが、あまり期待はしていませんでした。でも、価格的に手軽に試せるので、とりあえずやってみることにしました。

耳栓を使ってみて感じたこと

試したのはスポンジ性の耳栓です。見た目や触った感じは、高校時代、つまり20年以上前のものとあまり違いはないなと感じました。

正しく装着すのが少し難しかった

最初装着してみて、音が全然聞こえるので何だこりゃと思いました。耳栓って、こんなもんだったのか、無駄な買い物だったと思いました。

しかし、少し使ってみて、さすがにこれはおかしいだろう、使い方が悪いのかと思ってググってみました。そうすると、やはり私の装着の仕方が悪かったようです。

正しい装着の仕方を以下のサイトから抜粋します。
https://life.pintoru.com/earplug/how-to-use-earplug/

そんなスポンジタイプの耳栓の装着方法ですが、スポンジであるため潰してから耳に入れます。ただ、そのまま耳の穴にはめ込んでしまうと膨らむスピードが速くて、奥まで入れる前に途中でつっかえてしまい耳栓の端まで入れることができません。

正しく耳栓を収め高い遮音効果を上げる為に、挿入する反対の手を後ろに回し、耳を上に引っ張ることで耳の穴が真っ直ぐに広がるので、必ず耳を上に引き上げながら素早く耳の中に挿入します。

私が最初耳栓を装着した時に、まっすぐにスポンジを入れられていなかったようです。しかし、この方法でやったところ、耳栓が奥まで入った感じがして、音がほぼ聞こえなくなりました。(もしかしたら20年前も正しく装着できていなかっただけなのかも・・・?😰)

耳栓のすごさ

高音の人の声とかはたまに聞こえるのですが、普段使いとしては全く問題ありません。少し距離が離れた通常の人の声は、ほぼシャットアウトできています。

耳の装着感も柔らかくて痛くありません。私はイヤホンは痛くて少しの時間しかつけていられないのですが、耳栓は長時間つけていられます。昔は耳栓の装着感が痛くて、あまり長いことつけていられなかった気がするのですが、この辺も進化しているのでしょうか?

つけ心地が良くて、人の話し声以外にも例えばエアコンのノイズとかも全く聞こえなくなってすごく集中できます。そのため家に一人でいるときもたまに使っています。

私は普段の仕事中は、音楽とかガンガンかけても集中できるタイプなのですが、耳栓を使ってシーンとなった、時間、空間の方がより集中できると感じました。

総論

以上、 20年ほど耳栓を使っていなかった者が、久しぶりに使ってみたという話でした。耳栓お勧めです!

ヘッドホンやイヤホンは人の声をシャットアウトできないのですが、耳栓はかなりできます。普段の環境が、人の声がうるさくて耳障りと感じている方にはかなりお勧めの選択肢です。