読書

読書 『ドラッカーに学ぶハイブリッドワークライフのすすめ』

こんにちは、タムタムです。
ドラッカーに学ぶ「ハイブリッドワークライフ」のすすめ』を読みました。

なぜ読んだのか?

読む前のメンタルマップ
  • なぜこの本を読もうと思ったか?
    • 書店で見つけてタイトルに惹かれた
    • 出社を強要される弱い立場の今の自分にマッチしていると思った
  • この本から何を得たいのか?
    • 今の収益を維持、もしくはそれ以上を得ながら、自宅で自由に働く方法
  • 読んだ後、どういう状態になりたいのか?
    • もっと仕事を選べるようになりたい
    • 自由に働けるようになりたい

なぜ買ったのか

最近はあまり聞くことのなかったドラッカーのワードに惹かれました。ドラッカーの考えを、識者が現代の事情にカスタムして説明してくれている本なら読みたいと思いました。

購入して少し読み始めてから気づいたのですが、文字が大きくて読みづらかったです。Kindleで購入すれば良かったと思いました。(Kindleは文字のサイズが調整できる)

どんな本? どうだった? おすすめ?

薄い本だし文字も大きめだしと、あまり期待せずに読み進めていたのですが、思いのほか良かったです。

ドラッカーの成長や主体的になるという考えを繰り返し紹介しているだけなので、ドラッカーを読んだことがある人には目新しいインプットはないと思います。現代の社会情勢や技術を考慮したアレンジなどもありませんでした。

ただ本書の後半から事例集があり、いろいろな人が主体的に行動し続けた結果、どうなっているかの紹介があります。この記事が個人的には非常に刺激になりました。生きるエネルギーをもらいました。

この事例を読んでいると、主体的になって行動し続けることがいかに大切かがわかります。未来はどうなるかわからないからこそ、自分も今を大事にそして全力で生きていく必要があると認識させられました。

書籍内容

※ 自分用のメモなので、適当な書き方になっています。

ハイブリッドワークライフ: プライベートと仕事、両方とも充実させること。
成果: やるべきこと。自分のためではなく人や社会のために関するもの。

幸せになるためには、成果を目指して行動することが必要。
変化の激しい時代は、自立して主体的に行動していくしかない。
とにかく行動、成功は行動の先にしかない。

失敗したくないからトライしない = 成功したくないからトライしない

人生100年時代に必要な資産は3種

  • 生産性資産: 仕事をこなすスキル、人脈など
  • 活力資産: 生産性資産の土台となるモノ、健康など
  • 変身資産: 多様なライフステージに適用していくためのモノ、深い自己理解、未知の経験に開かれた態度

キャリアは偶然の産物、計算して手に入るものではない。ただし良い偶然が起きるように、あらゆることに尽力する=自ら考え積極的に行動する(『イノベーションオブライフ』や『ライフピボット』でも同じようなことを言っていた)

読書後のアクションは?

  • 今を全力で生きる(特になしとも言う・・・)