読書

読書 『40歳からの予防医学』

こんにちは、タムタムです。
40歳からの予防医学――医者が教える「病気にならない知識と習慣74」』を読みました。

なぜ読んだのか?

読む前のメンタルマップ
  • なぜこの本を読もうと思ったか?
    • 本屋で衝動買い、ペラペラめくって読みやすそうだと思った
    • 健康は元々興味があるので読みたくなった
  • この本から何を得たいのか?
    • 今の自分に必要な健康知識
  • 読んだ後、どういう状態になりたいのか?
    • より若くより健康に!

どんな本? どうだった? おすすめ?

良書です。オススメです!

私の他のブックレビューを見ていただけると分かると思いますが、私がここまでオススメと言い切るのは、あまり無いことです。というのも本のオススメ具合は人によっても時期によってもまちまちなので、読書は数多くこなして自分にあった情報を取得すればいいのではというのが、私の考えだからです。

それでもなぜこの本がオススメできるかというと、

  • 健康という万人向けのテーマ
  • 読みやすいレイアウトで自分に必要な情報を抽出しやすい
  • 引用元の論文があって安心、知識より生活習慣を継続することが何よりも大事と繰り返し主張してくるので信頼できる
  • 将来に向けて持っておくべき知識が体系だっていてわかりやすい
  • 巻末のやることリストがわかりやすい

などなどです。

(※ 私が最近筋トレにはまっていて、健康に興味があるので多分にバイアスがかかっている可能性はあります)

書籍内容


※ 自分用のメモなので、適当な書き方になっています。


がん

予防できる3大がん

  1. 胃がん
    ピロリ菌検査: 血液検査や自宅でできる尿検査キットがある
    ピロリ菌が陰性でも、定期的な胃がん検診は必要
  2. 肝臓がん
    肝炎ウィルス検診、40歳から受診できる、一生に一度受けておけばOK、採血するだけで手間かからない、自治体や保健所で受けられる
  3. 子宮頸がん
    45歳までにHPVワクチンを打つ(45歳までに効能がある)、咽頭がんや陰茎がんの原因にもなるので男性も打った方がいい
    男は自費負担、3回で5万

早期発見できるがん

  • 胃がん: バリウムも胃カメラも一長一短、両方定期的に受けるように
  • 大腸がん: 便潜血検査、自宅でできるキットもある、毎年行う、大腸カメラもあるが事前準備が大変、10年に一回でOK
  • 肺がん: 喫煙者じゃなければ胸部レントゲンだけで十分
  • 前立腺がん: PSA検査、過渡期、メリデメがある。家系的なリスクが無い人は、受ける受けないは自分で考える必要ある
    デメリット: 誤診、がんがあると分かっても発症しないまま寿命を迎えることがある、発症しないかも知れないのがんがあるとわかれば幸福度がさがる

早期発見できないがん

  • 膵臓がん: 症状でない、でたころには手遅れ、検査方法がない
    初期症状: 身に覚えのない血糖値の上昇、全身が黄色くなる、お腹と背中の痛み
  • 咽頭がん: 原因は喫煙、飲酒
  • 膀胱がん: 検査方法無し、原因は喫煙

がん検診: ctは被爆があるが何度も受けないかぎり心配するほどではない、がん検診は終わりがある,75歳が目安、それ以上の年でがんが発見されても経過観察になる

食べ物

飲み物

  • ブラックコーヒーはいい、1日3~5杯
  • 水よりお茶(緑茶/ウーロン茶)を飲む習慣がいい、水素水がいいというエビデンスはない
  • 熱すぎる飲み物は食道がんになる可能性がある

  • 食品は総合点で判断、添加物はそれほど気にしなくていい。それより衛生面や栄養面が大事。

  • 牛乳は大腸がんになる可能性が下がるというデータもあるが、デメリットの方が多い。他で栄養に気づかっているなら飲む必要はない。

  • 大豆製品は前立腺がんの予防にはいいが、すでにかかっている場合は進行をはやめる

ワクチン

高齢者になったらやっておいたほうがいいワクチン

  • 肺炎級ワクチン
    • 23価 5年周期、対象65歳以上
    • 13価 一生に一回、対象65歳以上
  • 帯状疱疹ワクチン: 50歳越えたら
  • 風疹ワクチン
    次の大流行がいつ起きるかわからない、2回打っても副作用が出るという報告はないので、打った記憶がないなら打つべき

ヤブ医者・知識をupdateしていない医者

  • ビタミン剤を進めてくる -> エビデンスない、医者が儲かる
  • 抗生剤を進めてくる -> 抗生剤が必要なのは細菌が原因のみ、ほとんどの風邪はウイルスが原因なので意味ない

生活習慣

  • 歯周病はなってしまう、フロスを使う、定期的に歯医者にいく
  • 一日8000歩目指す
  • 毎日15分軽い運動(ウォーキングなど)したほうがいい
  • 睡眠は7時間
  • サルコペニア(加齢とともに筋肉がなくなっていくこと)を避けるために、日々の筋トレと運動で筋肉貯金
  • 減塩生活を意識、和食は塩分過多になりやすい
  • 尿管結石対策
    カルシウムを取る、水分をとる、クエン酸(レモン、梅干し、カシスなど)をとる
    シュウ酸を取り過ぎない、ほうれん草に多く含まれるのでほうれん草はゆでて食べる

読書後のアクションは?

  • HPVワクチンを打つ
  • 風疹ワクチンを打つ
  • Google Fitで現在の一日に歩いている量を把握する、どれだけ足りていないか把握して、対策を考える