ライフハック

分離式40%キーボードのメリットとデメリット

私は分離タイプの40%キーボードを何年も使っています。

分離タイプの40%キーボードは、キットを購入して自分でハンダ付けしないといけないということもあり、かなりニッチな商品です。

エンジニアはキーボードにこだわる人が多いですが、メジャーどこはHHKBはREALFORCEです。私は職場で、自分以外で自作キーボードを使っている人は見たことありません。

ただ分離式の自作キーボードはそれらのデメリット以上のメリットもあると個人的には思っています。

今回は分離タイプの40%キーボードを使うメリット、デメリットを紹介します。

メリット

姿勢が良くなる(はず・・・)

分離タイプのキーボードを使う一番のメリットがこれです。

通常のキーボードは手を中央に寄せて、人体の構造からしたら窮屈な姿勢になります。肩が丸まって、肩こりの要因になります。

分離式だと、窮屈な体制から開放されます。通常のキーボードより肩こりや疲労が緩和されます。

(理屈上では・・・)

とはいえ、分離式でも当然、肩こりや疲労はあります。あまり左右を話すとタイピングしづらいですしね。でも多少は効果があると信じたい!

元々、分離式のキーボードは昔はMicrosoftの廉価のキーボードしか選択肢がありませんでした。静電容量やメカニカルのキーボードを使いたいなら通常の形のキーボードを使うしかありませんでした。

打鍵の良さよりエルゴノミクスを優先したい場合は、Microsoftの打鍵の悪い奴を使うしかなかったです。

しかErgodox EZが登場し、分離式でもメカニカルが使えるようになりました。これは分離派からしたら、嬉しい製品でした。やっと出たかという感じでした。

さらにキーボードの形やキー数の最適化が進み、メカニカルで分離した40%キーボードがあるのが現在です。

いい世の中になりました。

タイピング効率が上がる

40%キーボードを使うとタイピング効率があがります。

40%キーボードの40%とはキーの数が通常のキーボードに比べて40%しかないという意味です。通常のキーボードが106と109個キーがありますが、私が使っているclaw44というキーボードはキー数は44個です。

でもこれで十分なんですね。

40%キーボードはレイヤーを使って同じキーでも別の文字を打てるようにします。

なのでホームポジションから指を離すことなく色々な文字を打つことができます。なのでタイピング効率が上がります。

速く打てるようになるというよりは、疲れづらくなるというイメージです。

キーの配置はプログラマブルで自分で自由に配置できます。よく使うCtrlやEnterを押しやすい位置に配置して小指でなく親指で押せるようにできるので、指にもやさしいです。

これに慣れてしまうと、通常のキーボードは小指を酷使しすぎと感じるようになり、とても使うきが起きません。

タイピングが楽しくなる

40%キーボードはタイピングするのが楽しいです。

自分好みのキースイッチ、キーキャップ、キー配置で最適化されているので、単純にタイプするのが楽しいです。

自作ということもあってキーボードに愛着があるので、キーボードを使うだけで幸せになります。

なので、コーディングや執筆作業などは、はかどること間違いなしです!!

デメリット

40%キーボードは一度使い始めると抜け出せないぐらいのメリットがありますが、実はデメリットもかなりあります。

ノートPCのキーボードを使う気が起きなくなる

40%キーボードに慣れると、ノートPCのキーボードを使う気は起きなくなります。

ミーティング時などの簡単なメモや単純な入力しかない執筆はともかく、コーディングはやりたくありません。記号やカーソル移動が多くなるコーディングは40%キーボードで最適化されていくので、他のキーボードではできなくなります。

カフェやコワーキングスペースなどの作業が多い人は導入を考えた方が良いかもしれません。

コワーキングスペースならキーボードを持っていって使うこともありますが、自作のキーボードは物理衝撃に弱く耐久性がいまいちなので、あまり頻繁に持ち運びはしたくありません。

作業場所はほぼ自宅かオフィスという人以外は、自作でなく既製品のキーボードを使った方がいいかもしれません。

(まあ、既製品でまともな分離式のキーボードはないのですが・・・)

ハンダの作業が面倒くさい

自作キーボードはハンダ付けが必須になります。

道具を一取り揃える必要がありますし、何よりハンダ付けの作業が面倒くさくて仕方がありません。

電子工作などの作業が好きな人はいいと思いますが、私は工作の作業はそれほど好きじゃないので辛いです。嫌いじゃないけど、それ以上に時間を奪われるのが辛い・・・

また先ほども少し述べましたが、自作キーボードは耐久性がいまいちなので、ちょいちょいハンダ付け作業が必要になったりまします。

まだ製品によって求められるハンダ付けの作業レベルが違ってきます。私が使っているclaw44は比較的、簡単に作業できます。

私はLunake Miniというキーボードも買ったことがあるのですが、こちらはハンダ付けが難しく完成させることができませんでした。

お金がかかる

最後のデメリットはお金がかかるということです。

キーボードにこだわる人はキーボードにお金をかけるのは当たり前という感覚はもっていますが、それでも既製品から自作にシフトすると、費やすお金は増えていきます。

キーボードのキットだけで15,000ぐらいします。自作キーボードは頻繁に持ち運ぶのものではないので、自宅とオフィス用で最低2台、同じものが欲しいです。

さらにプラスしてキースイッチとキーキャップが必要です。キースイッチも色々と試したくなるでしょう。更にキーキャップも3Dの良い奴は、キーキャップ一式だけで15,000円ぐらいします。

自作キーボードはニッチなので大量生産できないので、製品そのもののコスパが悪いです。

さらに道具の購入や、Pro Microというすぐに壊れるパーツがあるので、定期的に買い換える必要があります。

まとめ

以上、分離タイプの自作40%キーボードのメリデメについてでした。

デメリットも結構ありますが、それを上回る恩恵が40%キーボードにはあります。少しでも興味をもったら是非、手を出してみて下さい😆